性能と特徴を理解して上手に活用

年賀状をインクジェットできれいに印刷する

プリンターの種類はいくつかありますが、家庭用だとインクジェット方式のプリンターが一般的ですよね。インクを直接紙に吹き付けて印刷します。家族写真やイラストなどをプリントして、オリジナルの年賀状を作成する時に活躍しますよね。
インクジェットプリンターで年賀状を印刷する時に確認しておきたいのが、年賀状の紙質とプリンターの機能の二点です。あらかじめ干支やお正月、人気キャラクターなどのモチーフが印刷された年賀状を買うよりも、オリジナルの年賀状がいいという人の為に、これまでの普通の年賀状に加えて、インクジェットに最適化した用紙を使った年賀状が登場しました。通常のインクジェット紙の他にも、写真の印刷に特化したものもあります。
インクジェット紙は、通常の年賀状に比べてインクを吸収しやすく、裏の通信面に加工が施されています。両者を触って比べてみると、インクジェット紙の方がきめが細かくしっとりとしていることがわかるでしょう。インクもにじみにくいので、せっかくのデザインがクッキリ印刷されないということもありません。インクジェット紙イラストなどを印刷するのにはいいのですが、写真だと少しぼやけることがあります。写真を鮮やかに印刷したいなら、裏面がフォトペーパーのようになっている写真専用の年賀はがきにしましょうね。

インクジェットを購入する注意点

インクジェットとはインク粒子による印刷方法のことを意味する言葉で、日常生活を過ごす中でもインクジェットで印刷された物を目にしているはずです。特に家庭で多く利用される印刷方法ではないでしょうか。インクジェットプリンターは比較的安価で購入することができますし、様々な機能を持つ商品も豊富なので世間にも広く認知されています。
印刷方法ではレーザーを使用するレーザープリンターも存在しますが、性能やコスト面に大きな違いがあり、どちらも優れたプリンターが販売されています。レーザーの場合は印刷する時間が早く、コストが比較的に安価なので企業がレーザープリンターを好んで採用する場合が多いです。インクジェットプリンターの場合は色が美しく再現できるので写真の印刷に適しています。専用の印刷用紙も種類が豊富で、入手しやすいことも特徴なので、やはりビジネス面よりも家庭や個人で使用するのに長けていると思います。購入時には使用用途に合わせて、最適なインクジェット商品を選択したいですね。
インクジェットは取り扱う店舗が多く、様々な機能を持つ専用プリンターも発売されています。性能や特徴を理解することで上手に購入することができるでしょう。