色の再現性の高さがハガキに最適

ハガキには普通紙とインクジェット紙がある

ハガキを購入する時、普通紙とインクジェット紙があり、どちらが良いか迷ってしまうことがあります。手書きの場合は普通紙が良いですが、パソコンなどから画像をハガキに印刷する場合などは、インクジェット紙の方が発色は良くなり、キレイに仕上がります。
最近はオリジナルの図案をプリントアウトしたハガキを利用する人が増えています。その為、インクジェット紙のハガキを購入する人が多くなっています。家庭用のプリンターなどではインクジェットのプリンターが多いようです。何といっても仕上がりがキレイですし、コストもそれほどかかりません。また、枚数もそれほど多くはないので、インクジェット式のプリンターが適しているようです。企業などでは大量に印刷することなどから、レーザープリンターが多いようです。速く印刷できることがメリットですが、コストがかかってしまいます。インクジェット紙は普通紙と比べてみると、表面に光沢があり、つやつやしています。その分、水を吸い込まないので、手書きに利用する場合は注意が必要です。ハガキを購入する時に、事前にどういう風にハガキを作成するのかを決めておいたほうが良いでしょう。また、絵だけではなく写真を入れる場合は、写真用のハガキを購入するようにしましょう。

インクジェットプリンターの良い所

プリンターと言えば現在主に2種類のプリンターが主流として使われており、1つはインクジェットプリンター、もう一つがレーザープリンターです。このインクジェットプリンターとレーザープリンターは印刷する為の基本原理が全く異なります。今回は特にご家庭等での普及率が上がってきているインクジェットプリンターがどの様な物であるか確認しておきましょう。基本的にはインクジェットプリンターはカラーインクを印刷する紙に吹き付ける事で印刷がされますが、少しだけ詳しく言うと吹き付けるインクに熱や圧力を加えて、インクその物を微粒子に変えて吹き付ける事で印刷を行っております。
このインクジェットプリンターの最大の特徴は印刷された色の再現性の高さに有ります。これは印刷するに色を出すインクを使用している為です。又、一般のご家庭でも普及している通り、本体価格の安い事や消費電力の少ない事等のメリットが有り、印刷頻度が会社等に比べ少ない一般家庭向きであります。綺麗に印刷するには普通紙では無く専用の光沢紙を使う等する事でより鮮明に印刷する事が出来ます。これらの良い点がある半面、印刷スピードの遅さや、一般の普通紙では印刷が滲んでしまう、印刷枚数が多くなるとインクの交換が必要になる等デメリット的な面も持ち合わせております。