これまでの不満を解消オフィスでは大活躍

Update Article

ビジネスインクジェットプリンターとは?

インクジェットプリンターといえば、家庭で使用されるプリンターをイメージされると思います。複雑なグラデーションを持つ絵柄や写真などの印刷が可能で、小型なので設置スペースも大きく取る必要がない優れものです。家庭用とは違い、オフィスなどではレーザー式のプリンターの方が、大量生産に向いていることからよく使われています。しかし、最近ではビジネスで運用することが出来るインクジェットプリンターも台頭してきています。
そんな、ビジネス用とも言うべきビジネスインクジェットプリンターについてご紹介していきましょう。ビジネスインクジェットプリンターは技術革新により、ビジネス上の用途でレーザープリンターと肩を並べる性能を備えています。そして、オフィスでレーザープリンターを使用していた会社も、ビジネスインクジェットプリンターに切り替えるところが多くなってきているようです。
その理由として挙げられるのがランニングコストです。レーザープリンターは複雑な設計で作られていますので、何かしらのトラブルを起こすことが多く、メンテナンスの頻度も高くなってしまいがちです。トナーを交換する際、手を汚してしまった経験があるという方もいらっしゃるでしょう。ビジネスインクジェットプリンターなら、これらの不満を解消することができます。さらに、消費電力の量も小さいので、エコに使用することが可能です。

インクジェットは顔料か染料どちらがいい?

インクジェットといえば色の再現性に優れたプリンターですが、インクはどうしていますか?顔料と染料、どちらのインクも印刷する際の仕組みが同じではありますが、それぞれに特徴があります。皆さんがどんな印刷物を取り扱っているかで、求めるインクも違ってくるはずです。そんな、インクの違いについてここで紹介していきたいと思います。
まず、顔料の特徴から見ていきましょう。顔料インクは、印刷する時に用紙の表面に定着します。この特性により、速乾性でにじみ難く、文字や色のコントラストもしっかり出て、耐水性や耐光性にも優れています。短所として、繊細な色の表現が難しかったり、こすれに弱かったりすることが挙げられます。
このインクの用途としては、ビジネスでの書類やレポートの作成に向いています。次は、染料の特徴です。染料インクで印刷する場合は、染料を用紙の繊維質に浸透させてインクを染み込ませます。発色が良いのでクリアな印刷が可能です。インクが乾くのに時間が掛かるのは難点ですが、よく写真を印刷する人には心強いインクと言えるでしょう。どちらのインクを選ぶかは、使う人が求める性質次第です。ご自分の目的に合わないインクを選んで失敗しないように気をつけて下さいね。

ホームページ上でご注文内容のお見積書の発行が可能です。 フルカラーインクジェットが格安な価格ですぐに届きます。 広告幕の印刷幅は5メートル、長さは20メートルまでご対応可能です。 当日発送の特急印刷サービスは通常料金より25%アップです。 より安く・より速く・より美しくがモットーの、通信販売方式のインクジェット出力サービスです。 品質の良いインクジェットをお手頃価格でご提供!